2011年09月19日

湯布院「辻馬車」〜佛山寺〜宇奈岐日女神社〜

一週間前のことになりますが、母の誕生日のお祝いってことで家族で湯布院まで遊びに行ってきました〜(^^)

湯布院までは山道を通れば一時間もかからず着くので意外と便利?です。

私の母へのお勧めは人力車だったんですが、さすがに小さな子供にみんな勝てませんね(笑)
家からずーっと、妹の子供が「馬さんに乗る乗る〜!!」と、騒いでいたので、何よりも先に馬探し(笑)
どこかにいるのかな〜と、案内板みたいなのを見ると、ありましたありました『辻馬車』るんるん

湯布院駅の所からでているということで、さっそく駅で切符を買います(^^)


所要時間は約50分

コースは、由布院駅発〜佛山寺〜宇奈岐日女神社(^人^)〜由布院駅着


こちらが『辻馬車』

辻馬車 (7).JPG
馬さんばっちりカメラ目線です(笑)


今回馬さんと一緒に御案内してくださるのは、笑顔の素敵な冨田さん(^^)

よろしくお願いします(^^)

さて、馬さん横目で周りを確認し、車道をパッカパカ・・・と歩き始めました。

辻馬車.JPG
ちゃんと周りを見渡して安全確認することを怠りません(^^)


上がり坂になると、スピードを上げて走り出す馬さんダッシュ(走り出すさま)

辻馬車 (2).JPG

ちょっ・・・ちょっと怖いんですけど・・・たらーっ(汗)(笑)

風をきってとっても気持ちいいんだけど、反対に車がぶつかってこないかドキドキですあせあせ(飛び散る汗)

街中から、だんだんとのぞかな田園風景が広がる景色のいい田舎道をのんびりとはしりはじめます。

由布岳もよく見えますぴかぴか(新しい)
ただこの日は曇りで、山頂のほうは傘をかぶってみえなかったのが残念かな。

また、冨田さんが湯布院の色々なことを案内してくださり、湯布院の知らなかった魅力など教えていただきました(^^)
さらに、おすすめの旅館や、人気の旅館、お肉が美味しい旅館、お値段がいい旅館など、今度湯布院に泊まる時にとっても参考になりましたるんるん
ありがとうございます(^人^)

さて、色々な話を聞きながら風景を楽しんでいるうちに、『佛山寺』に到着です!

佛山寺
佛山寺 (3).JPG

天台宗の僧・性空が彫ったとされる石造の観世音菩薩をお祀りしています。
秘仏ということで、33年に一度開帳されるそうです。

佛山寺.JPG

ちなみに、北にある「天祖神社」御本殿の後ろの金鱗湖の中にある鳥居は、この佛山寺にあった鳥居だったそうです(^^)
また、ここの祀られていた「金毘羅宮」は、「天祖神社」に合祀されています。

佛山寺 (2).JPG

今より約一千年前の一条天皇の御代、性空上人、九州巡錫中霧島神社に参籠するに御神宣あり、その御つげによって由布岳の山腹にて誦経したらば、「具一切功徳慈眼視衆生」(観音経の一説)と鳴動する岩あり。その岩にて観音像を刻して祀ったのが始めと伝えられる。以来、全盛時には由布院内に末寺十数ヶ寺を有する由布の修行霊場の本拠地とされてきたが慶長元年の大地震により打撃を被ったため麓の地(現在の地)に伽藍を移し、新たに臨済宗妙心寺派(禅宗)の寺院として再出発した。
性空上人の刻した由布霊山観世音菩薩は今も観音堂に安置され、秘仏として三十三年に一度ご開帳される。 (山門前案内板より)

拝観時間:7:00〜18:00 年中無休 拝観料:無料 

龍我山 佛山寺
大分県由布市湯布院町川上1879
TEL 0977-84-2714
FAX 0977-84-5220


佛山寺に御参りした後は、また辻馬車に乗り込み、次の場所に向かいます。


次は、【宇奈岐日女神社】(うなきひめじんじゃ)

宇奈岐日女神社には、湯布院に来たときはよく参拝させていただきます(^人^)

参道と神門.JPG

≪御祭神≫
 ・國常立尊(くにのとこたちのみこと)
 ・國狹槌尊(くにのさづちのみこと)
 ・彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
 ・彦波瀲武鸕鷀葺不合尊(ひこなぎさたけうかやぶきあへずのみこと)
 ・神倭磐余彦尊(かむやまといはれびこのみこと) 【神武天皇】
 ・神渟名川耳尊(かむぬなかはみみのみこと) 【綏靖天皇】
 ・宇奈岐日女神(うなきひめのかみ) 【由布岳の女神】[由布岳・遥拝]

景行天皇12年(82年)10月、里人が「由布院開拓の祖神」として、由布岳の女神である宇奈岐日女神(うなきひめのかみ)をお祀りしたのが始まりと伝えられます。 

宇奈岐日女神社】:大分県由布市湯布院町川上2220


この「宇奈岐日女神社」での自由時間は15分ほどで、家族みんな神社に参拝するのかと思えば、神社の目の前にあるお漬物に入って行きました(^^;)

「え!?御参りしないの?」
・・・と、慌てて鳥居の前にて神々にご挨拶し、私もお漬物やさんに。

・・・と、目に入ってきたのは、店の横の小さな池で泳いでいた魚・・・

なんと「チョウザメ」だそうです!

チョウザメ.JPG

冷たくて綺麗な水じゃないと育たないんだって(^^)


気持ち良さそうに泳いでます(^^)

チョウザメに見とれている間、大きな真ん丸テーブルにはお洒落な竹の器に入った美味しそうな漬物がたくさん並んでましたるんるん

お漬物屋さん


見てるだけで食欲を啜りまするんるん

カボス茶も頂きほっと一息(^ー^*)

福神漬〜るんるんそして昆布もとっても美味るんるん・・次は〜・・・と選んでいたら、ここで自由時間が終了してしまいました〜(T▽T;)
チョウザメに感動して写真撮るのに時間を潰しすぎてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

全部味見できなかったけど、母が気に入った5、6種類のお漬物とカボス茶を買いましたかわいい

ちなみに福神漬けはその日に開けられ、酒のつまみとしてその日のうちに無くなってしました(笑)


また、「宇奈岐日女神社」については、ちゃんとした由緒や写真などを載せて、またゆっくりと順を追って載せさせていただきます(^^)

(2012年2月20日にアップしました!こちら⇒「宇奈岐日女神社」)


さて、心地の良い馬の足音を聞きながら、のんびりと駅に向かって帰ってると、私の隣のドアに大きな蜂がとまってるのを発見してしまいました・・・!

発見したからには、悠長に辻馬車を楽しむどころではなく・・・あせあせ(飛び散る汗)

残りの時間を蜂さんと見つめあったまま(?)終わってしまいました〜(T▽T;)

いい思い出です(笑)

馬さん、冨田さんありがとうございました(^人^)


駅に帰り着くとさっそく、次の辻馬車が出発〜ダッシュ(走り出すさま)

辻馬車 (8).JPG

いってらっしゃい〜(^^)/るんるん

辻馬車 (9).JPG

私たちが乗った馬さんより少し小さいかな?また乗せてくださいね(^▽^*)/

辻馬車
定員:10名
コース:由布院駅発〜仏山寺〜宇奈岐日女神社〜由布院駅着
所要時間:約50分(一日15便運行)
料金:大人1500円(中学生以上)、子供1000円(4歳から小学生まで)
お問い合わせ:由布院温泉観光案内所(JR由布院駅構内)0977-84-2446


この後は、お料理が美味しくて雰囲気もいいレストラン旅館「由府 両築」さんのお食事処で、肉うどんを頂くことに(^人^)

みんな口々に「美味しいね〜るんるん」と大満足!

スタッフの方もとても感じがよくて、妹が「湯布院に泊まるならここがいい!」っと、とっても気にいった様子(^^)
連れてきてよかったるんるん
「由府 両築」さん、ありがとうございましたるんるん(^人^)

バラのオアシス.png

由府両築



大正14年創業、築80年以上の重みを持つ落ち着いた全8室の宿♪
豊後の幸を贅沢に使用した会席と上質な湯が魅力の老舗旅館です♪


このあとは、可愛い雑貨屋さんを覗いたり、「どんぐりの森」でトトロと遊び?(^^)、湯布院を後にしたのでした〜!

・・・って、辻馬車とお昼御飯を食べたに来ただけのような気もしますが(笑)


そして、帰りに宇佐市の回転寿司によって、大好物のうなぎとアナゴとシャコの握りだけをおなか一杯食べ、生ビールグッド(上向き矢印)ビールといきたいとこですが、運転手だったので、家に帰って一人でがっぽり(いえ、2本だけですけど)いただきました(^人^)


≪じゃらん≫湯布院のホテル・宿予約はこちら
湯布院を満喫!おすすめプラン満載♪
湯布院の旅館・ホテル予約 JTB
湯布院のおすすめ旅館・ホテルはこちら♪


posted by miya at 23:13| 大分 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) |  ├ 観光地・島・その他(大分県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。