2009年04月02日

行縢の滝(宮崎県延岡市)★

宮崎県延岡市にある『行縢の滝(むかばきのたき)』です。(別名:矢筈の滝・布引きの滝)

行縢山(雌岳、雄岳)の岩峰の間から落ちる、落差約77m、高さ30mの滝で、「日本の滝百選」の一つです。

行縢山12 (行縢の滝).JPG

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が、熊襲(くまそ)征伐の折、この滝を見て、
「布引の矢筈の滝を射てみれば 川上たける落ちて流れる」
と詠じたそうです。



行縢山に登る手前の里の一般道からも、山の間から流れ落ちる滝が肉眼で見えました

この滝は最初の目的ではありませんでしたが、日本の滝百選に選ばれた滝がこの行縢山にあると聞き、楽しみにしていました(^^*)

行縢山の登山口から自然林の生い茂る山道を登っていくと、途中「行縢の滝60m」とかかれた分岐板があります。(参照:行縢山
そこを行縢の滝のほうへ曲がっていきます。

木々を抜けた瞬間、目の前にドーン!と滝が現れましたぴかぴか(新しい)
太陽に照らされた滝は、キラキラと輝き あまりの迫力に「すごーいッ・・・!!」しか言葉は出てきませんでした(^^*)

日本語下手の私にはこの素晴らしさをどう表現したらいいか・・・


近づくたびに水しぶきがあたり疲れた体にはとても気持ちいいです
ぴかぴか(新しい)
行縢山13 (行縢の滝).JPG

全体が入らないので下だけ写してみました

行縢山14 (行縢の滝).JPG

滝壷が見えません(^^;)


滝壷を見ようと、頑張って岩を飛び越えて近づいてみましたダッシュ(走り出すさま)
手袋が邪魔して見えにくいですが、左の方に滝壷?らしきものが見えますぴかぴか(新しい)
行縢山15(行縢の滝).JPG

もう少し近づきたかったのですが、これ以上は滑りそうで怖くていけませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
反対側は絶壁。滝と一緒に落ちそうですあせあせ(飛び散る汗)




最後に、滝見橋からの行縢の滝ですぴかぴか(新しい)

行縢山9.JPG



行縢の滝:宮崎県延岡市行縢町







posted by miya at 12:28| 大分 ☀| Comment(0) |  ├ 滝・渓谷(宮崎県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。